婚約指輪の相場を調べる|パートナーに似合うリング探し

女性が喜ぶ指輪を選ぶこと

ペアリング

世界で1つの手作りの指輪

婚約指輪は男性が女性に愛の証として贈るものです。ほとんどの婚約指輪はリングにダイヤモンドがあしらわれています。値段はダイヤモンドの質や色や大きさによって違ってきます。男性にとってはどのくらいの値段のものを贈ったらいいか悩むところです。かつては給料の3倍が目安といってましたが、時代が違うのでそれに従う必要はありません。一般的な相場でいうと30万円前後です。男性に金銭的な余裕があれば相場以上の婚約指輪を買えばいいのです。しかし余裕がない場合は、手作りの婚約指輪を贈るなどの工夫もできます。手作りのメリットは世界でたった1つの婚約指輪という点です。ダイヤモンドにこだわる場合は手作りのリングにダイヤをあしらうといった工夫ができる工房を利用することです。

人気は0.3カラット

婚約指輪を選ぶ時は相場にこだわるよりも、彼女の好みにこだわった方が喜ばれます。例え相場よりも安い婚約指輪でも、彼女が気に入ったものを選ぶようにします。ダイヤモンドは大きければいいというものではなく、粒が小さくても質の高い方が高価な場合があります。ダイヤモンドは4Cで価値が決まるといわれますが、カット、カラー、クラリティ、カラットのCです。クラリティというのは不純物や傷の有無によって価値を決める基準です。カラットは重さです。この4つのCの基準が高いほど高価になります。婚約指輪で一番人気なのが0.3カラットです。またカットにも色々な種類があるので、男性だけで決めるよりも女性の好みで選んだ方が無難です。

知っておくと便利な知識

指輪を付けた手

婚約指輪を決める際に、値段が気になるというのであれば、ダイヤモンドを小さくしたり、全周か半分に付けるようにしておきましょう。指に合わせてリングを決めるのもおすすめで、V字にしたり、ウェーブ、重ね付けに適したものなどもあるので、いろんなものを試して、自分に似合うものを探すと良いです。

この記事を読む

いつかは貰いたい愛の証

箱に入った指輪

婚約指輪の定番といえば1粒ダイヤモンドの立て爪リングですが、普段はしまいこんでいる人が多いようです。日常的に婚約指輪を着けて楽しみたいという人も多く、最近注目が集まっているのがエタニティリングです。華やかでも普段使いしやすいデザインが人気となっています。

この記事を読む

二次会でのドレス

赤いドレスの人

結婚式の二次会ドレスは、二次会だけのゲストの割合や予算との兼ね合いで、花嫁の一番素敵に見えるウェディングドレスを着ることもおすすめです。二次会用にドレスを着る場合は、デザインや色が結婚式から遠ざかりすぎないことに気を付けて選ぶことが大事です。

この記事を読む

Copyright© 2016 婚約指輪の相場を調べる|パートナーに似合うリング探し All Rights Reserved.